TOP > 神前式の流れ

神前式の歴史

神前結婚式が一般に広まったのは1900年(明治33年)5月10日に皇室御婚令が発布され、皇太子(後の大正天皇)の御婚儀が初めて宮中賢所大前で行われました。この時、同様の神前式を挙げたいという国民の思いが高まり、東京の神宮奉賛会が皇室の婚儀を参考にして民間の「神前結婚式」の様式定めを行い、それが今日の「神前式」の元になっています。

神前式の流れ

日本古来の凛とした伝統美が印象的な儀式の神前式。三々九度の儀、玉串奉奠の儀などの雅楽の生演奏のなかでの神殿挙式は、地域によって異なるが、15%のカップルがこのスタイルで式を挙げているそうです。

参進

控えの間より随神門に向かい、列次をなして神殿に向かいます。列は前から、神主→巫女→新郎・新婦(赤い日の傘)→親族 と続きます。
※歩きや階段が辛い方は、あらかじめ式場で着席してお待ちいただけます。

手水の儀

巫女よりお手を清めてもらいます。

着座

新郎・新婦は 神前の席のかけてもらいます。

修祓(しゅばつ/しゅうばつ)

神主より清めのお祓いを受けます。

斎主一拝(さいしゅ いっぱい)・斎主祝詞奏上(さいしゅ のりとそうじょう)

神様にご挨拶されます。列席者一同で起立し、神前に一礼します。神主は、ふたりの結婚を報告し、お二人に替わり幸せが永遠に続くように、祈ります。
※神主とは神事をつかさどる人、神主のことです。


三々九度の儀

新郎新婦が大中小(※松・竹・梅)の三つの盃で、交互に御神酒をいただきます。この三つの盃は天・空・地の神様からいただくことを意味し、3はおめでたい陽数、9はその最高の数字とされています。

※一番上の小の杯で新郎から新婦、中の杯は新婦から新郎、大の杯は新郎から新婦と、1人が1つの杯を3回に分けて3杯を飲みます。

指輪交換

指輪の交換をします。指輪とは、終わりなき円(まどか)なるものという意味です。

誓いの言葉奉読

新郎新婦が神前に向かいて、誓詞(=誓いの言葉)を読み上げる。

奉納舞

神前に奉納される御神楽で、演奏にあわせ巫女が舞います。

玉串奉奠の儀・親族玉串奉奠の儀

新郎新婦が神前に玉串を捧げ、「二拝二拍手一礼」をします。その後、親族代表者が同様に行います。

金弊拝載の儀

斎主から大神様の依代(よりしろ)である金幣を身に受けて、神様のお恵みを頂戴致します。

親族固めの盃の儀

親をはじめ両家の親族が、順に御神酒をいただき、両家が親族として固まったことを意味する契りの盃です。

斎主一拝の儀・退下

神様にお礼を言い、終了の挨拶をされます。
退場 新郎・新婦は神主に手をそえられて退場です。


神前挙式の良さ

昔は古臭いと言わせた神前挙式ですが、伝統を重んじるスタイルが今は新鮮と言われ、 静かなブームとなっています。 特に大安の土曜日・日曜日は神社の予約が取りにくいこともありますので、お早めのご予約をおすすめいたします。

また和装の花嫁様 非常にかわいいです。まさに大和撫子といった感じです。 若い方で和装というのも参列した方の記憶に残るといった点もメリットではないでしょうか?

またウェディングと違って金額的にもリーズナブルです。


関連リンク

> 神前式の準備


資料請求はこちら

TOP

プラン

十二単 神前式プラン 白無垢 神前式プラン 挙式後の会食プラン

メニュー

神前式の準備 神前式の流れ 結プランニングの特徴 代表からのごあいさつ

ブログ

十二単ブログ 白無垢ブログ
美容室 パルコ 七五三予約受付中

衣装について
奇麗に見える和装メイク
十二単の魅力解説
最近の結婚式の流れ(メリット・デメリット)
婚礼お役立ち用語集